クレジットカードの審査では主にどのような情報が利用されるか

クレジットカードの利用を考えている人にとって関心のある事の一つに、審査内容が挙げられます。

 

クレジットカードの会員になるには必ず審査を通過しなければならないのと、その審査の内容が広く公表されていないことがその主な理由です。

 

現在、クレジットカードの審査はスコアリングシステムと呼ばれるものに基づいて点数化され、所定の基準を満たせばクレジットカードの会員としてクレジットが利用できる仕組みになっています。

 

スコアリングシステムによる審査ではコンピュータが用いられており、申込書などの書類やインターネット上の申込フォームなどから提供された申込者自身の情報や、申込者のクレジット利用歴、信用情報機関に照会して手に入れたお金の借り入れと返済の状況などの情報が機械的に点数化されていきます。

 

申込者自身が提供した情報のうち、主にスコアリングの対象となっているのは、年齢、家族構成、住居の形態、居住年数などの申込者個人の情報や、職種、勤務先、勤続年数、年収などの申込者の収入に関する情報です。