クレジットカードの審査について

クレジットカードは、商品やサービスを購入した際の決済方法の一つです。

 

商品やサービスを購入する際に、現金を支払わずに、クレジットカードを提示することで決済を行うことが出来ます。

 

支払い金額は、クレジット会社が一時立て替え払いを行い、その後一定期間利用額を取りまとめたうえで、利用者の指定口座から引き落としをする仕組みになっています。

 

カードローンの普及と並んで、クレジットカードを利用する人も増加しており、消費生活において現金の利用頻度が少なくなってきています。

 

カードローンの利用には、金融機関や保証会社の審査がありますが、クレジットカードの発行に際しても審査があります。

 

どちらの審査も、利用者の支払い能力を審査することを最も重要視しています。

 

クレジットカードの場合は、大きく3つのポイントに絞って審査を行います。

 

「安定した収入」、「返済能力」、「明確な居住地の確認」です。

 

消費生活の多くの場面で利用できるカードですが、安易に利用すると支払いが困難になるリスクがあることを覚えておきましょう。